読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子のイメージ

家族は男の数が多かったため、女子というものがわからなかった。

 

そうなるとメディアにある女性のイメージ、自分のタイプが形成されていく。

 

なにぶん面白い話ができる人間でもないため、女子とどう接していいか、どう呼んだらいいか、わからなかった。

なんとかちゃん、とかはなぜか抵抗があり、変になんとかさん、と変えて呼んでみたり。

世の中の女子は弄られるのが好きな方もいる、というのは前々からわかってはいたが、どうも、弄るという行為にはやっぱり抵抗があった。

 

それは、自分が弄られるのは嫌だから、相手にもしない、という気持ちからなのだろう。

 

今はあまり抵抗を覚えることはないのは、女子に対してはそう接するほうがいい、ということを感じたから。

そうしたほうが結果盛り上がって親密な関係になれる。

(肉食系によってたかられる気弱な女子を放っておきたくはないが、結果こいつもう知らない!ってなることが多いけど笑)

 

昔のクラスの女子ともっと話したかった、遊びたかった、親しくしたかった、そんなことは今になって感じるけど。

 

男はこうであれ、女はこうであれ、

そんなイメージで人は苦しんでいるなら、そんなものなくしてしまえばいい、

そう思っていたが、

 

いい悪いでなく、求め求められで生き抜かなくてはいけない今、自分はこれまで以上に男と女の違いを感じている。

 

違っても別にいいか。